ナガムネコーポレーショ

日本の光触媒技術特許と当社の特許が融合し、最新の光触媒「ハンノウコート」が生まれました。

ハンノウコート

日本の光触媒技術特許と当社の特許が融合し、
最新の光触媒「ハンノウコート」が生まれました。

最新の酸化チタン技術と、「水酸化チタン」技術のハイブリッド化に成功し、「室内で活用でき」
「安価な施工価格」を実現した最新の光触媒コーティング剤が、ハンノウコートです。

ハンノウコート製品の主成分は二酸化チタン光触媒粒子及び非結晶型水酸化チタン(アモルファス)で、 非結晶型水酸化チタンはわずかに

濁りのある水溶液になっており、粘性があり、付着力を持っています。
非結晶型水酸化チタンは二酸化チタン光触媒の粒子と粒子の隙聞に入り込んで粒子同士の結合を強固にするとともに、基材との密着性を

付与します。しかも、常温にて結晶化し、光触媒として働くように なるとともに、強固に定着します
二酸化チタン光触媒粒子の粒子径は今までは10nm前後が限界と言われていましたが、今回取得した特許による特殊製法で一次粒子径の

理論値1.27nmlこ近づけることができました。それにより従来の二酸化チタン光触媒粒子を水やアルコールに分散しただけのスラリー

と違って、電位定着に優れ、 中性となっています。