ナガムネコーポレーション

日本の光触媒技術特許と当社の特許が融合し、最新の光触媒「ハンノウコート」が生まれました。

施工事例

有限会社ビューコーポレーション施工例

可視光型光触媒 ハンノウコート

消臭・防汚・抗菌対策・感染症対策に優れた効果を発揮します。

高圧洗浄で汚れを落としDEED無機コート塗布→ハンノウコートで仕上げまた。

施工前 施工後
コンクリート打ちっぱなしアート的建造物の美観の維持を始め、ガラスコーティングなど、ガラスの汚れを寄せ付けない可視光型光触媒ハンノウコートは内部抗菌、防汚、ウィルス対策から 建物外壁、国土交通省管理(ガードレールのNOX、遮音壁のNOX汚れ防止まで幅広く使用できます。 詳しくは営業スタッフが、ご説明に参ります。
外壁に塗装するだけでは、施工時は綺麗な状態ですが年数を重ねるたびに、雨だれやコケが外壁に発生し塗装の程度により色落ちがしてきます。当社の外壁塗装技術では、塗装をした部分に光触媒(ハンノウコート)を塗布し、雨だれ、コケ、黒ずみなどハンノウコートにより分解し汚れにくくします。従来の光触媒の約13倍の効果を発揮する、新時代の塗装技術です。
コンクリート打ちっぱなしでは、ある一定の年数を重ねると、黒いコケや雨だれが発生し美観をそこなってきます。これは、多気功性でコンクリートや石、れんがなど目に見えない小さな穴に雨水などが入り込み時間をかけゆっくりと黒いカビとなって表面に出てきす。このような、状態になる前に、DEED無機コート(止水材)を塗布し多気功である吸い込み穴を埋め、水分の浸透を防ぎます。下地処理(DEED無機コート)を塗布した後、ハンノウコート(光触媒)で新たに付着する(NOX)黒いすすや、雨だれを雨水で洗い流しいつまでも個性ある外壁の状態が保たれます。
     

車両ボディーにも光触媒!

ボディーにハンノウコートを噴霧しました。塗布後三カ月間洗車していません。 くっきりと、違いがわかります。雨水でセルフクリーニングを可能にしました。
  施工前 施工後

苔・カビ・黒ずみが目立つトイレの床タイルが苔・カビ・黒ずみも綺麗に落ち新品同様のトイレの床タイルに!

 

左側→ニコチン・タールのこびり付

 

右側→光洗浄を施しました。

喫煙ルームの天井に、ニコチンタールなど有害物質が付着しています。 天井全体のニコチン・タールを洗浄し本来の基板色になりました
天井光洗浄 → 下地抗菌処理  → ハンノウコート(光触媒)噴霧 → 完了 し、光触媒ハンノウコートを噴霧する事により、新たに付着するニコチン・タールなど有害物質を分解し、消臭・防汚・抗菌対策・感染症対策に優れた効果を発揮します。

株式会社JPコーポレーション施工例

 


池上地区ほか交通安全対策工事

発注者: 東京国道事務所様
目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H26年9月
施工箇所: ガードレール、縁石等
 
【施工前】 【施工直後】
   
 

品川・代々木出張所管内交通安全対策工事(その2)

発注者: 東京国道事務所様
目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H25年10月
施工箇所: ガードレール、ガードパイプ、縁石等
 
【施工前】 【施工直後】
   
 

亀有・万世橋出張所管内交通安全対策工事

発注者: 東京国道事務所様
目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H25年4月
施工箇所: 低層遮音壁、ガードパイプ、縁石等
 
【施工直後】 【施工図】
   

大阪府立環境農林水産総合研究所 環境技術評価・普及事業 モニター実証「光触媒ハンノウコート」

目的: 防汚対策
施工日: H25年3月

施工箇所:

遮音壁(透明板部)

実証場所:

主要地方道八尾茨木線沿道
 
【施工図】 【施工図】
   
 

災害廃棄物処理業務(気仙沼ブロック(気仙沼処理区))

発注者: 宮城県様
目的: 大気浄化、及び防汚対策
施工日: H25年2月
施工箇所: 万能塀
 
【施工直後】 【施工図】
   
 

品川・代々木出張所管内交通安全対策工事(その1)

発注者: 東京国道事務所様
目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H25年2月
施工箇所: ガードレール、ガードパイプ等
 
【施工直後】 【施工図】
   
 

コンクリート製品における実証実験

目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H23年8月
施工箇所: コンクリート二次製品
 
【実証実験に使用したコンクリート製品】  
 
 

43号線沿道環境改善対策工事

 

※公共工事等における新技術活用システムにおけるフィールド提供型による実施工事
※近畿地方整備局による事後評価有り
(http://www.netis.mlit.go.jp/EvalNetis/EvalResultZ/KK-080039C1.pdf)
 
発注者: 大阪国道事務所様
目的: 窒素酸化物(NOx)除去、及び防汚対策
施工日: H21年3月
施工箇所: 遮音壁(透明板部車道側
 
  【施工前】 【施工直後】
 
【施工後2年経過時点】 【施工後3年経過時点】
   

その他施工例はリンク先の代理店HPをご覧ください。